言葉・語源に関する雑学

「サボる」の語源はフランス語という雑学

言葉・語源

2020/12/4

ストライキ?"サボる"の語源・由来はフランス語だった!

面倒なことが山積みとなっていると、思わず「サボりたい…」と考えてしまう。 さて、この「サボる」という言葉…どうして「サボ」がカタカナで表記されるのだろうか? 実は、「サボ」というのは外国語が由来となっているのだ! さらに、「怠ける」という意味で使われる「サボる」の語源を探ると、現在とは違った意味合いとなる。 知っているようで知らない「サボる」の雑学について、解説していこう。 【生活雑学】「サボる」の語源・由来はフランス語 孫ちゃん あ~もう片付け面倒くさいな~。サボっちゃおうかな…。 おばあちゃん おや、 ...

フリーマーケットのフリーの意味は「自由」ではないという雑学

言葉・語源

2020/6/29

"自由"じゃない!フリーマーケットの"フリー"の意味とは?

代々木公園のフリーマーケット 大型連休や行楽シーズンになるとあちこちでフリーマーケットが開催される。楽しみにしている人も多いだろう。 自由に参加して、不用品やハンドメイドされたものを売ったり買ったりできるので、私もチラシが入るのを楽しみにしている。しかし、そんな私に衝撃的な事実が…。 なんとフリーマーケットのフリーは「自由」のフリーではないというのだ。いったいどういうこと!? 今回はフリーマーケットの雑学についてご紹介するね! 【生活雑学】フリーマーケットのフリーの意味は「自由」ではない 孫ちゃん あ、今 ...

言葉・語源

2020/6/29

中国ではなく…"阿吽の呼吸"の"あうん"の語源はアノ国!

「阿吽の呼吸」という言葉がある。 「阿吽の呼吸の連携で見事逆転勝利!」とか「阿吽の呼吸の老夫婦」など、スポーツで絶妙なチームワークを発揮したときや、長年連れ添った仲の良い夫婦などに使われるが、この「阿吽」とは本来なんなのだろう? やはり、数多くのことわざや漢字がそうであるように中国が語源なのだろうか? 否! 阿吽のルーツはヨガやカレーで有名なあの国にあった。今回の雑学では「阿吽の呼吸」の語源についてご紹介していこう! 【生活雑学】「阿吽の呼吸」の「あうん」の語源はインド 孫ちゃん お互い何もいわなくてもわ ...

神父と牧師の違いは?に関する雑学

言葉・語源

2020/11/3

キリスト教の"神父"と"牧師"の違いは?ちゃんと使い分けよう!

キリスト教の教会にいる人といえば、あなたはどう答えるだろうか? 「神父」と答える人もいれば、「牧師」と答える人もいるだろう。 さて、「神父」と「牧師」…どちらもキリスト教には欠かせない人たちだが、この2つの違いを知っているだろうか? 「どっちも似たようなものでしょ?」と思えるかもしれないが、この2つは似ているようで全く違うのだ。 今回は、似ているけどまったく別物の「神父」と「牧師」についての雑学を紹介しよう。 【生活雑学】神父と牧師の違いは? 孫ちゃん キリスト教の「神父さん」と「牧師さん」って何か違いが ...

オートバイのことを単車と呼ぶ理由は?に関する雑学

言葉・語源

2020/11/1

二輪なのに…?オートバイのことを"単車"と呼ぶ理由は?

若者の車離れが進んでいるといわれているが、同様に若者のオートバイ離れもすすんでいる。身体がむき出しの状態での運転は怖いなどいろいろ理由があるそうで、実際に車両の販売台数は減少しているらしい。 ところで、オートバイを通称「単車」と呼ぶことは知っているだろうか? 特に年齢が高い人ほど「単車」と呼ぶ気がするが、少し疑問を感じないか? 「単車」の「単」はいわれるまでもなく「1つ」という意味だが、なぜ自動「二輪」のオートバイが「単車」と呼ばれるのだろうか? 今回の雑学ではそんな疑問を解明してみよう。 【生活雑学】オ ...

「あとの祭り」は実際にあったお祭りが由来だったという雑学

言葉・語源

2020/6/29

"後祭"が関係してる?"あとの祭り"の由来は祇園祭?

「いまさら嘆いても、あとの祭りだよ」というように、「後悔しても手遅れなこと」を表す言葉「あとの祭り」。お祭りといえば、華やかで明るいイメージなのに、どうしてマイナスのイメージの言葉となっているのだろうか? 実は、「あとの祭り」というのは、実際にある有名なお祭りが由来だったとされている。「あとの祭り」についての雑学を知れば、どうして今のような意味になったのかしっくりくるかもしれない。 【生活雑学】「あとの祭り」は祇園祭が由来だった? 孫ちゃん 「今さらもう遅いよ」って意味で「あとの祭り」っていうけど、あれっ ...

「県」という漢字には怖い話がある

言葉・語源

2020/6/29

首吊り…?"県"の漢字に隠されたホラー話を聞いてみる…?

都道府県の「県」は「○○県」のように、日本の地名を示す漢字としてなくてはならないものだ。 小学校で習う漢字なので、この字を書けないという人のほうが少ない。しかしみなさんはきっと知らないだろう、この文字にまつわる恐ろしい由来までは。 もともとこの漢字は、人間の「ある様子」がもとになってつくられたという説があるのだ。それはホラーな内容であるため、読み進めると「県」に対しての見方がガラッと変わってしまうかもしれない…。 この雑学はインパクトたっぷり。「県」が忘れられない漢字になることだろう。 【生活雑学】「県」 ...

相棒の語源は「駕籠持ちのペア」という雑学

言葉・語源

2020/11/1

相棒の意味とは?語源と由来、知ってる?"相方"とはどう違う?

大名駕籠 みなさんは、人気の刑事ドラマのタイトルにも使われている「相棒」という言葉の意味を知っているだろうか? 相棒とは、ともに行動する頼れる相手のことだ。ビジネス上、一緒に仕事をすることが多く、苦楽をともにする相手なんかはまさに相棒。 しかし、その共に行動する相手のことをなぜ「相棒」と呼ぶのか、その語源まで知らない。ということで、今回はこの「相棒」の雑学についてご紹介するぞ! 【生活雑学】相棒の意味とは?語源と由来、知ってる? おばあちゃん このドラマ、おばあちゃん好きでよく見てるんだけど、「相棒」の語 ...

「ひょんなことから」の「ひょん」って何のこと?に関する雑学

言葉・語源

2020/6/29

"ひょんなことから"の"ひょん"の意味と由来は?使い方も解説!

先日、とあるドラマを観ていたところ、このようなやりとりがあった。 A「『ひょんなこと』の『ひょん』って、何のことだろ?」 B「ひょんなことっていうのは、たまたま病院で出会って恋に落ちたり…」 A「いや、そういう妄想じゃなくて。そもそも『ひょん』って何のことかなのかって」 B「それは、えっと…」 そして、ドラマはそのまま終わってしまい、結局「ひょん」が何のことなのか語られることはなかったのである。 おい! このままじゃ観てるこっちが気になるじゃないか! というわけで、今回の雑学では「ひょんなことから」の「ひ ...

「親切」って「親を切ること」なの?に関する雑学

言葉・語源

2020/6/29

まさか"親を切った"のか!?"親切"という漢字の由来とは?

『人には親切にしましょう』こんな言葉を子どものとき、親や先生からよくいわれたのではないだろうか? 親切にする。ステキな行動だ。 しかし、よくよく「親切」という漢字を見てみるとふと疑問が浮かんではこないだろうか…。 そう、親切ってなんで親を切るって書くんだろう? 親を本当に切ったら親切どころじゃないのは当然だ。でも実際に親を切る、と書いて親切と読んでいる。謎すぎる。そんなわけで今回は、「親切」という漢字についての雑学を紹介していこう。 「親切」という言葉に隠された意味、謎を解明してスッキリしてほしい。 【生 ...

© 2021 雑学カンパニー