言葉・語源

ストライキ?"サボる"の語源・由来はフランス語だった!

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

「サボる」の語源はフランス語という雑学

面倒なことが山積みとなっていると、思わず「サボりたい…」と考えてしまう。

さて、この「サボる」という言葉…どうして「サボ」がカタカナで表記されるのだろうか? 実は、「サボ」というのは外国語が由来となっているのだ!

さらに、「怠ける」という意味で使われる「サボる」の語源を探ると、現在とは違った意味合いとなる。

知っているようで知らない「サボる」の雑学について、解説していこう。

【生活雑学】「サボる」の語源・由来はフランス語

孫ちゃん
あ~もう片付け面倒くさいな~。サボっちゃおうかな…。
おばあちゃん
おや、フランス語由来の言葉。
孫ちゃん
え?フランス語?
おばあちゃん
「サボる」の「サボ」はね、「サボタージュ(sabotage)」っていうフランス語が由来なんだよ。

【雑学解説】「サボる」=「サボタージュ」になった理由とは?

日本語で「サボる」というと、「怠ける」というイメージが強い。実際に私も「怠ける」という意味で「サボる」を使う。しかし、元となったフランス語では、少々意味合いが違ってくる。

フランス語の「サボタージュ」は、「わざと仕事を遅らせる」「機械を破壊する」など、少し殺伐とした感じの意味になっている。簡単にいうと「ストライキ」のような意味合いだろう。

孫ちゃん
「ストライキ」っていうと、労働者が自分の権利とかを主張するためのものって感じがするよね。
おばあちゃん
そうだね。でも「サボる」は、なんとなく自分に甘えてる感じだから、全然違う意味合いになるねぇ。

この「サボタージュ」という言葉の語源には、「sabot(サボット)」という木靴が関連している。「その昔、フランスの労働者がサボットで機械を蹴って壊した」という話が由来となって、この言葉が生まれたのだ。

今となっては「あ~やらなきゃいけないことあるけど、めんどくさいなぁ~。明日の私に任せよう」という感じに使っている「サボる」だが、その土台には、労働者の戦いが関係しているといえるだろう。

スポンサーリンク

【追加雑学】その他、実は外国語由来の日本語

さて、「サボる」が日本語だと思っていた人にとっては、「実はフランス語由来だった」という雑学に驚いたかもしれない。実は、日本語には「サボる」以外にも外国語が由来となっている言葉がたくさんある。

一部を表にしたので、見てみよう。

日本語由来となった言語もともとの言葉もともとの意味
背広英語civil clothes(シヴィル・クローズ)市民の服
サンスクリット語(古代インド)kapala(カバーラ)覆うもの
おてんばオランダ語ontembaar(オンテンバール)手に負えない
天ぷらポルトガル語tempero(テンペロ)下味をする
いくらロシア語ikra(イクラー)魚卵

どれも「ザ・日本語」といった感じの言葉だが、実は外国語由来というのだから驚きだ。日本語と同じ意味のものもあれば、微妙に違うものもある。今となっては日本語として馴染んでいるのだから、言葉というのは面白い。

孫ちゃん
どこからどう見ても日本語って思ってたのが、意外と外国語由来だったりするんだね~。
おばあちゃん
しかも特定の国からというわけでもなく、いろんなところから入ってきてるってのもおもしろいねぇ。

おすすめ記事

「背広」の由来はイギリスの紳士服店街から!という雑学
"スーツ=背広"の語源は"背中が広い"ではない!【サヴィル・ロウ】

続きを見る

ピンキリ・天ぷら・かぼちゃの語源はポルトガル語という雑学
ポルトガル語→日本語!ピンキリ/天ぷら/かぼちゃの語源とは?

続きを見る

イクラの語源はロシア語という雑学
"いくら"は日本語じゃなかった!"鮭の卵=いくら"の理由とは?

続きを見る

雑学まとめ

今回は「サボる」の語源や、外国語由来の日本語についての雑学をご紹介してきた。

「サボる」というのは、フランス語の「サボタージュ」という言葉が由来となっている。日本語だと「怠ける」という意味合いで使われるが、もともとは「労働の妨害」や「機械の破壊」という「ストライキ」のような意味合いの言葉だ。

日本語の「サボる」は、本来の意味から考えるとゆるい意味になったと思えるが、「怠ける」というのも「労働の停滞」という意味では、本来の意味と似たようなものかもしれない。

孫ちゃん
あ~、たしかにどっちも「労働の停滞」だ。
おばあちゃん
ま、なんにせよあんたは早く片付けやっちゃいなさい。
孫ちゃん
あはは…。は~い…。

おすすめ記事

「のろま」は野呂松勘兵衛が由来という雑学
人形の愚鈍な動きから!"のろま"の由来は"野呂松勘兵衛"【野呂間人形】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー