地域 驚き

"窮屈"のことを方言で"キモイ"と言う地域がある【岐阜県】|面白い雑学

岐阜には「キモイ」という方言があるという雑学

キモイ。面と向かってこの言葉をいわれると結構きつい。正直、かなり凹む。相手は軽い気持ちで「キモイ」を使っている場合もあるようだが…。

「キモイ」は若者言葉のひとつで、「気持ち悪い」を略したものだ。つい最近うまれた言葉というイメージが強いだろう。ところが、岐阜には「キモイ」という方言があるらしい。今回は、「キモイ」に関する雑学を紹介していくぞ。

【面白い雑学】岐阜には「キモイ」という方言がある

岐阜の方言「キモイ」は、「気持ち悪い」という意味ではない。

【雑学解説】岐阜の方言では「キモイ」=「窮屈」

全国的に「キモイ」といったら、外見や言動などが「気持ち悪い」という意味で使われている。ところが、岐阜では以下のような使い方をする。

  • その服、きもいんじゃない?
  • 靴がきもくなった
  • (血圧測定の際に)腕のバンドがきもいから、ゆるめてください

いかがだろうか? 例文からなんとなく分かった人も多いと思うが、岐阜の方言の「キモイ」には「きつい」や「窮屈」という意味がある。

この方言は、主に岐阜県南部で使われているらしいぞ。岐阜市でも50代以上の人には通じる場合が多いんだとか。もしかしたら若い世代の人たちは知らないかもしれない。

それにしても、方言を知らない人が聞いたらほぼ確実に「気持ち悪い」という意味に捉えるはずだ。「その服、きもいんじゃない?」なんていわれたらカチンとくるし、ケンカになってしまうかもしれない。

スポンサーリンク

【追加トリビア①】若者言葉「キモイ」が誕生したのは1970年代

今ではよく耳にするようになった「キモイ」という若者言葉。実は、「キモイ」という言葉は1970年代後期には存在していた! なんとなく最近誕生したイメージがあったから、意外と古いことに驚いてしまった。

「キモイ」という若者言葉は1970年代後半に誕生した。その後、1990年代後半から若者を中心に頻繁に使われるようになり、2000年代になって多くの人に知られるようになったのだ。

【追加トリビア②】「キモイ」は江戸時代から存在した?

実は、「キモイ」という言葉は江戸時代にはすでに存在していた。まさかそんなに古い言葉だったとは! ただし、現在の「キモイ」とは意味が大きく異なる。

江戸時代の「キモイ」は、「窮屈」や「狭くて不快」というような意味で使われていた! つまり、岐阜の方言の「キモイ」と江戸時代の「キモイ」はほぼ同じ意味なのだ。

ちなみに、「ヤバイ」「マジ」「ムカツク」などの言葉も江戸時代から存在している! しかも、意味や使い方も現在とさほど変わらないのだ。

関連雑学

「ヤバい」は江戸時代から使われていて語源は矢場という雑学
"ヤバい"の由来は江戸時代!大人な場所"矢場"とは?|歴史雑学

続きを見る

マジか!?「マジで」は江戸時代から同じ意味で使われている|歴史雑学

続きを見る

よく「最近の若者はおかしな言葉を使って…」なんていう会話を耳にするが、若者言葉のルーツは意外とちゃんとしているものが多い。若者言葉はそれほど批判されるものではないのかもしれない。

トリビアまとめ

今回は、「キモイ」に関する雑学を紹介してきた。岐阜の方言「キモイ」には、「きつい」とか「窮屈」という意味があるなんて! これを知らずに岐阜の人と会話したらケンカになりそうである。

全国各地にはまだまだ面白い方言がたくさん存在する。岐阜の「キモイ」もそうだが、若者はあまり方言を使わなくなってきている。方言はその土地ならではの言葉だし、味があるからずっと残っていてほしいと感じた。

関連雑学

「うざい」はもともと八王子や青梅の方言という雑学
若者言葉じゃなかった!"うざい"は八王子&青梅の方言だった【多摩弁】|面白い雑学

続きを見る

こちらの記事もおすすめ!

Copyright© 雑学カンパニー , 2019 All Rights Reserved.