草食動物

強っっ…!キリンの蹴りは自動車を倒すレベルの威力がある【動画あり】

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

キリンの蹴りは自動車を横倒しにするほどの威力があるという雑学

キリンはアフリカに生息する草食動物で、首が長く地球上で最も背の高い陸上動物である。足と首が長い変わった体型で、あまり戦いに向いているようには見えない。

ライオンなどの肉食獣に襲われたら、戦う手段がないようにも見える。しかし、キリンの蹴りは恐ろしいほどの威力があり、ライオンの群れを簡単に撃退することもある。

今回の雑学記事では、キリンの蹴りの威力などについてご紹介しよう!

【動物雑学】キリンの蹴りは自動車を横倒しにするほどの威力がある

キリンの蹴りは自動車を横転させるほどの威力があり、ライオンを簡単に蹴り殺す。

【雑学解説】キリンの蹴りは強力で肉食動物よりはるかに強い

キリンは地球上に存在する動物の中でもかなり大型である。非常に首が長く、その高さは5mを超える。そして、その体重は最大の個体だと2トンを超えるという。

これより大きな陸上生物はアフリカではゾウ・サイ・カバしか存在しない。

決して戦いに向いている体型とは思えないが、長い足で繰り出す蹴りの威力は自動車を横倒しにしてしまうほどだといわれている。

蹴りはキリン同士の喧嘩ではあまり役に立たないが、他の動物に対してはかなりの武器になることが確認されている。アフリカに生息している肉食動物がキリンの蹴りをまともに受けたら、まず命はない。

【追加雑学①】キリンがライオンを殺す映像がテレビで放送された

以前、TBS系で放送されていたテレビ番組「どうぶつ奇想天外」では、ライオンの群れがキリンを襲う映像が紹介された。通常、ライオンは大人のキリンを襲ったりはしない。

それでも他に獲物がいなくなれば、危険を冒してキリンのような大型動物を襲うこともある。この時は集団でキリンの足に噛みついたが倒すことができず、池に逃げ込まれたために襲撃を断念している。

キリンを襲った際に、顎を蹴られ血を流したライオンの姿も撮影されていた。即死したわけでないが、そのライオンの姿は映らなくなり、死亡したものと考えられる。

一度は襲撃を断念したライオンの群れだったが、狩りをしないはずのオスのライオンも加わり、翌日に2回目の襲撃を行った。

前日、足に傷を負った影響もあったのかキリンは倒され、とうとうライオンに捕食されている。しかし、ライオン側にも犠牲が出ており、単体ではキリンの方がはるかに強いことが明らかになった。

下の動画では、キリンがライオンを蹴散らしている。

この映像ではキリンが圧倒的に勝っているが、ライオンが集団でキリンを倒す映像も存在する。ライオンが勝つ場合は逃げるキリンを追いかけていることが多く、気の強いキリンを倒すことは難しいようだ。

おすすめ記事

ライオンとトラはどっちが強い?という雑学
ライオンvsトラはどっちが強い?狩りの成功率が高いのは?

続きを見る

スポンサーリンク

【追加雑学②】キリンは首をぶつけ合って喧嘩をする

草食動物でも縄張り争いやメスを取り合って喧嘩することは珍しくない。キリンもいざとなれば激しく争うことになる。キリンの足はキリンの顔に届くほど高くあがる姿も撮影されている。

しかし、蹴りはキリン同士の喧嘩には向いていない。そこで、キリン同士の喧嘩で使用されるのが長い首である。

なんとキリンは長い首を振ってぶつけ合うのだ。首だけで200kgを超えるキリン同士の喧嘩は大迫力である。下の動画はキリンの喧嘩を撮影したものだ。

普通、首をぶつけ合って喧嘩をする動物はいない。しかし恐竜がいた時代、ブラキオサウルスのように首の長い種類もいた。ひょっとしたらキリンのように首をぶつけ合って喧嘩をしていたのかもしれない。

おすすめ記事

キリンのオス同士の戦いは、同性愛に発展することがあるという雑学
超展開。キリンのオスの戦い→同性愛に発展することがある

続きを見る

【追加雑学③】首が折れても生きているキリンが存在する

キリンの喧嘩を首をぶつけあう激しいものだが、基本的に殺し合いにはならない。しかし、首をぶつけ合うわけだから、脳震盪(のうしんとう)を起こして倒れてしまうキリンは珍しくない。

脳震盪を起こして倒れるだけならまだいいが、そのなかには首が折れてしまうキリンもいるという。普通に考えれば、首の折れたキリンは死んでしまう。

首が折れた時点で即死するキリンもいるが、すぐには死なない場合もある。しかし、衰弱死するか肉食獣に食われてしまうことが多い。

首の骨が折れても生き残ったキリン

タンザニアにあるセレンゲティ国立自然保護区には、首が不自然に曲がったキリンが生息していた。

このキリンは2010年の喧嘩で首の骨を折られてしまったが、命を落とすことはなく奇跡的に生き残ったのだという。

とはいえ、折れた首は曲がったままくっついてしまったようだ。このキリンは首を伸ばすことはできないため、高いところにある餌が食べられない。しかし、それ以外の問題はなく元気に生きているという。

首の折れたキリンが生きている情報は2015年のものなので、現在も生きているかどうかは分からない。

おすすめ記事

キリンの首の骨の数は、人間の首の骨の数と同じという雑学
あんなに長いのに!?キリンと人間の"首の骨の数"は同じです

続きを見る

雑学まとめ

キリンにまつわる雑学を紹介してきた。キリンは非常に大きな動物である。体が細いため、体重はカバよりも軽いが背は非常に高い。5メート以上の高さの個体は珍しくなく、これを超える動物は現在の地球上には存在しない。

過去に存在した哺乳類と比べても、最大級の大型マンモスよりも背が高いことがわかっている。ライオンの群れでも簡単には倒せないため、アフリカの肉食動物でキリンに勝てるものはいないと考えられる。

最大の肉食動物と呼ばれるホッキョクグマはキリンよりも体重が重いカバなどには勝てないだろう。しかし、キリンにもかなわない可能性が高いと思う。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー