キャラ 盛り上がる

ピーターラビットのお父さんの悲劇とは?公式設定が重い…!

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

ピーターラビットのお父さんは人間にパイにされてしまったという雑学

イギリスの湖水地方に暮らす動物たちが主人公の絵本「ピーターラビット」シリーズ。ストーリーは知らなくても、カレンダーなどのグッズが出ているので、どんなキャラクターがいるのかを知っている人は多いだろう。

その中でも代表的なのが、ウサギの少年・ピーターラビットだ。ピーターはお母さんや妹たちと一緒に暮らしている。お父さんはどうしたのだろうか?

実はピーターのお父さんは、とてつもない最期を迎えてしまったことが、絵本の中で語られている。今回は、そんなピーターラビットの衝撃的な雑学について紹介しよう。

【面白い雑学】ピーターラビットのお父さんの悲劇とは?

信長さん
ピーターラビットの父親は、人間の畑に入った際に捕まってしまいパイにされて食べられてしまったのだ…。
秀吉くん
あんなほっこりしている絵柄なのに…そんな設定あったんっすか…!

【雑学解説】ピーターラビットのお父さんはパイにされた…

公式サイトでもお父さんはパイの姿で紹介されているピーターラビットについてのトリビア

ピーターのお父さんの末路が語られているのは、シリーズ第1作「ピーターラビットのおはなし」の冒頭だ。野原や森へ遊びに行く子供たちに、お母さんはこう語る。

「でも、マグレガーさんとこの畑にだけは行っちゃいけませんよ。お前たちのお父さんは、あそこでマグレガーさんの奥さんに、肉のパイにされてしまったのです。」

秀吉くん
肉のパイ…!いくら何でも我が子に向けてダイレクトすぎる表現じゃないっすか!!

なんとも衝撃的な始まりだ。ちなみに、このあとのストーリーでは、ピーターは母親のいいつけを破ってマグレガーさんの畑へ行ってしまう。案の定マグレガーさんに見つかってしまい、命からがら逃げるという話になっている。

その中でも、マグレガーさんは「捕まえてパイにしてやる!」と言っている。この話以外でも、マグレガー夫妻が「老いたウサギより子ウサギのほうがうまい」と話す場面もある。

これはなにもマグレガーさんたちが異常なのではなく、シリーズの舞台である湖水地方では、昔から野ウサギが食べられているのだ。

ちなみに、ピーターのお父さんは、ピーターラビットの公式サイトにてパイの姿で紹介されている。なんともシュールな絵面だ…。

ピーターのお父さん

ピーターのお父さん

 

信長さん
可愛らしい動物のキャラクターたちに紛れてパイ姿の父親…シュールだな…。

「ピーターラビット」シリーズは、ピーターの話以外にも、食うか食われるかの話がいくつもある。これは、作者のポターが自然の現実を重視していることに由来している。

ときに自然の厳しさを感じさせる話があるのも、「ピーターラビット」シリーズの由来なのかもしれない。

スポンサーリンク

【追加雑学】ディズニーの「3匹のこぶた」での父親の末路

ディズニーの「3匹のこぶた」でも父親の末路が映されているというトリビア

追加雑学として、ディズニーからも家族の末路についての雑学を紹介しよう。

ディズニーの短編作品に「3匹のこぶた」がある。「オオカミなんかこわくない」の歌でおなじみの話だ。

3匹の子豚のうち、レンガで建てた子豚の家に、父親と母親の写真が飾られている。母親はたくさんの子豚に乳をやっている写真なのだが、父親はなんとソーセージの姿の写真で飾られているのだ!

信長さん
父親は誇りを持ってソーセージへと変貌したのだろうな。
秀吉くん
ちょ…信長さん何言ってるんっすか?!っていうか、せめて生前の写真飾ってあげてっす!!

これは、「3匹のこぶた」本編内で確認することができる。家を飛ばされた子豚たちが、レンガの家に逃げ込んだ際に、家の中の壁に注目してみよう。

画質によって確認がしづらいかもしれないが、「FATHER(父親)」と書かれた写真を見ると、そこにはソーセージが映っていることが確認できる。

ディズニーの「3匹のこぶた」は、歌も交えた陽気なストーリーとなっているが、背景に注目してみると何ともいえない気持ちになる…。

「ピーターラビットのお父さん」の雑学まとめ

設定が重い…!ピーターラビットの父は人間にパイにされていたという雑学まとめ

一見ほのぼのとした話でも、実は少々ブラックなユーモアが交わっている。今回紹介したピーターラビットの雑学がそうだろう。

「ピーターラビット」は絵本シリーズなので、子供も見る作品だ。しかし、実際に見てみると可愛らしい話だけではなく、自然の厳しさも伝える作品となっている。

子供向けの作品も、大人になって読んでみると、意外な発見があるかもしれない。

秀吉くん
そういえば、日本の昔話『カチカチ山』も、タヌキがおじいさんを騙しておばあさんを食わせるって描写あったっすよね。
信長さん
あれも衝撃的な話だよな。子供向けの話にはそういったものも少なくはない。下の記事にも、そのような『ゾッとする話』があるぞ。

おすすめ記事

本当は怖い「ピーターパン」に関する雑学
本当は怖いピーターパン。仲間が子供だけなのは殺人犯だから…?

続きを見る

シンデレラは嫌いな継母を殺している…!ホラーなあらすじとは?【灰かぶり猫】

続きを見る

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー