水中の動物

タコ・イカの雑学まとめ11選!トリビア&豆知識を一覧にしました

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

タコ・イカの雑学まとめ

「足がたくさんあって、ヌルヌルしている海の生き物ってな~んだ?」と聞くと、「タコー!」「イカー!」と両方の答えが返ってきそうである。

そう! タコとイカは、足が何本もあり姿かたちが似ているので、常に比較対象にされる。見た目だけでなく、お寿司のネタ、イカ焼きやタコ焼きなどのように、いろんな料理でもライバルだ!

今回は、タコ・イカに関する雑学をまとめたぞ! 見た目は似ているけれども、各々の能力の違いに驚くこと間違いない!

タコ・イカの雑学まとめ11選!トリビア&豆知識を一覧にしました

気になるタコ・イカの雑学記事をチェックしていこう!

タコとイカが墨を吐く理由に関する雑学

タコとイカで墨を吐く理由が違うという雑学
タコとイカでは"墨を吐く理由"が違うって知ってた?【動画】

続きを見る

タコとイカといえば、どちらも腕が何本もあり、ヌルヌルしているので、見た目が似ているように感じる。しかも、墨を吐く点も同じ。

だが、墨の役割については、イカとタコでは使い方が全く違っていた! どちらも自分の身を守るためというのは同じだが、タコとイカの天敵は違うため、墨を使い方法が違うのだ。

タコの足の驚異的な能力に関する雑学

タコの足は再生するため、敵に襲われたときに自ら切断して逃げられるという雑学
タコの足の驚異的な能力。敵襲→足を切断→再生…って無敵か!

続きを見る

タコは外敵に襲われると、自らの足を切り離し、逃げることができる。まるでトカゲのしっぽみたいだ!

関西出身の筆者は「たこ焼き」が大好きなので、幼いころから身近な存在ではあった。しかし、タコの生態がこれほど不思議だったとは…かなり驚いてしまったぞ!

切り離したあとに2本以上の足を生やすことも!? それを説明している動画を観て、体全体がゾワゾワと鳥肌がたってしまった!

軟体動物で最も知能が高いタコに関する雑学

タコは最も知能の高い軟体動物という雑学
3歳児並み?足にも脳?タコは軟体動物で最も知能が高いのだ。

続きを見る

なんと! 人間の3歳児並みの知能だとはびっくりだ! タコの餌になる生き物が瓶に入っていると、それを開けて捕食することができるという。

タコと人間は似ているとは言えないが、私たちの知らないところで、知性を身につけていたのだ!

タコの研究はまだ始まったばかりだが、人間よりも優れている点がたくさん出てきそう。私たちと同じように生活し、私たちと同じように考えているのかもしれないと思うと、とても興味深い!

イカ墨パスタはあるがタコ墨パスタがない理由に関する雑学

タコ墨パスタがない理由とは?イカ墨とタコ墨の違いはなに?【動画】

続きを見る

たしかにその通りだ! イカ墨パスタやイカ墨のパエリアなどは食したことがあるが、タコ墨の料理は、食べたことがないどころか、メニューにもない。

たしかに、タコも墨を吐くはずなのに…。なるほど! きちんとした理由があったのだな。

イカ墨料理を食べた時は、つい「イ~!」として笑いを取りたくなる。だが、今度からはこのトリビアを紹介して、笑いより尊敬を集めることができるかも!

ストレスから足を噛み千切って食べてしまうタコに関する雑学

タコはストレスで自分の足を噛み千切る?に関する雑学
自傷行為…?タコはストレスが溜まると足を噛みちぎって食べてしまう

続きを見る

ストレスから、自分の爪や髪の毛を食べてしまう人がいると聞いたことはある。人間と同じように、タコもストレスで自傷行為をしてしまうらしい!?

これは海の中でも高い知能を持っている証拠といえるのかもしれないが、高い知能がゆえにストレスを感じてしまうなんて、少しかわいそう…。

スポンサーリンク

30メートル飛べるイカに関する雑学

30メートルほど飛べるイカがいるという雑学
トビイカは海から30メートル飛べる。ジャンプする様子がスゴい【動画】

続きを見る

イカが空を飛ぶことができるなんて、学校で習わなかったぞ! しかも、その速度は車ぐらい速い!?

海で優雅に泳いでいるイカのイメージが払拭されるほどの衝撃だ。イカが空を飛ぶのは、遊びで飛んでいるわけではなさそうだぞ!

これが、イカが進化して得た能力と考えると、少し恐ろしくもなる。イカが海を支配する日も近いかもしれないな…。

イカの"触腕"に関する雑学

イカの足10本のうち2本は「触腕」といわれる足という雑学
足なのに腕…?イカには"触腕"と呼ばれる足が2本ある【動画あり】

続きを見る

イカの脚は10本…かと思いきや、2本は腕だった!? …ていっても、ほかの8本と違いなんかあるのか?

それが…違い大アリなのだ! イカがもつ2本の触腕は、彼らの狩りには欠かせないマストアイテムである。その早業をしかと見届けよ!

ミズダコの子育てに関する雑学

ミズダコの「命を懸けた子育て」とは?に関する雑学
自分と引き換え…ミズダコの「命を懸けた子育て」とは?【動画あり】

続きを見る

体長3mにもなる海底の王者・ミズダコ。しかしその卵はひとつ1mmと、とっても心もとないサイズだ。この卵を無事に孵化させるための母ダコの命懸けの子育てが…切なすぎる!

そしてオスのミズダコの生涯はもっと切ない…。せめて子どもたちが立派に育つのを祈るばかりである。

イカとタコの心臓に関する雑学

イカとタコに心臓が3つもある理由に関する雑学
そんなにいる…?イカとタコに心臓が3つもある理由とは?

続きを見る

イカとタコは心臓をそれぞれ3つもっている。…それってひとつが止まっても大丈夫なように? なんて思ったが、そうではない。彼らの身体は心臓が3つないととても動かせるものではないのだ。…燃費悪いな…。

あの小さな身体を動かすのに心臓が3つも必要なの? うん、彼らは見た目に寄らずアレだから…。

イカの目に関する雑学

イカの目は高性能だが脳が発達していないという雑学
イカの目は人間レベルの高性能!でも記憶力はない…【動画】

続きを見る

イカは無脊椎動物のなかでは断トツの視力を誇る生き物だ。なんてったってその性能は色が判別できないことを除けば、人間とほとんど変わらない! しかも彼らは目が巨大なこともあって、広範囲を見渡すことにかけては人間より優れている。

でもね…結局エサを捕まえることぐらいにしか使われないから、ちょっともったいない…。

スルメイカの産卵に関する雑学

スルメイカは産卵すると名前のとおり干からびてしまうという雑学
名前のまんま!スルメイカは産卵すると干からびてしまう

続きを見る

スルメイカはとっても忙しい生き物だ。産まれて1年ぐらいすると産卵してすぐ干からびてしまう…。ん? 干からびる!?

そう、親イカはさっさと干からびて次の代へとバトンを繋ぐ。世代交代がかなり忙しい生き物なのだ。

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー