日本の地域に関する雑学

石川県の能登では、道に縄を張って花嫁の邪魔をするという雑学

地域 意外

2020/11/3

石川県の結婚式の風習が面白い!"縄張り"で花嫁の邪魔をする?【動画】

結婚式にはいろいろな形がある。一般的には結納→入籍→結婚式というところか。しかし地方には、結婚式の挙げ方に独特なしきたりがあるところも多い。 石川県の能登地方では、なんと花嫁の歩く先を住民が縄で通せんぼして邪魔をするというものがあるらしい。邪魔をする? これまた人聞きの悪い…。 道に細いロープを張って、歩行者や自転車に乗っている人を怪我させて…なんていう犯罪はニュースでたまに見るが、そんな物騒なことをおめでたい席でするとは考えられないし。 いったいどういうことなのか、どういう意味で邪魔をしているのか、今回 ...

地域

2021/4/28

ゆずだけじゃない!冬至に"ん"がつくものを食べる地域がある

12月。年末が近づき、クリスマスのころになると訪れる「冬至」。意識しないでいると、毎年なんとなーくやってきて、一瞬で通り過ぎてしまう日だけど、「冬至っていったいなんなの?」そう疑問に思ったことはないだろうか。 一般的なイメージでは、「柚子(ゆず)をお風呂に浮かべて入る日」の冬至だが、日本は広い…! 柚子風呂以外にもさまざまな「冬至の慣習」をしている地域が存在する。今回の雑学では、その中から「ん」のつくものを食べるという一風変わった慣習についてご紹介しよう! 【生活雑学】冬至には名前に「ん」がつくものを食べ ...

地域

2020/6/29

そんなにいるの!?大阪名物"くいだおれ人形"には家族がいる

たこ焼きにお好み焼き、串カツに「グリコ」や「かに道楽」の看板。江戸時代には「天下の台所」と呼ばれ、たくさんの物資が集められ栄えた「大阪」。「食いだおれの町」とも呼ばれる大阪は、町全体がたくさんのグルメで楽しめる大きな観光地である。 そんな大阪にある見どころのひとつが「くいだおれ人形」である。あまりにも有名で知らない人のほうが少ないであろうくいだおれ人形だが、ひとつのうわさがあるのはご存知だろうか? なんと、「くいだおれ人形には家族がいる」というのだ!! 今回の雑学ではお笑いの町でもある大阪で、観光の名所と ...

エビスビールから地名「恵比寿」が生まれたという雑学

地域

2020/6/29

東京・恵比寿の由来はエビスビール!工場跡にガーデンプレイスがあるんです〜

夏といえば、冷たいビールが美味い時期である! しかし、冬に鍋をつつきながら飲むビールも最高だ。そして、桜を見ながら飲む缶ビールも美味いし、月見しながらビールを飲みつつ秋の夜長を楽しむのも一興である。 つまり、ビールはどの季節でも美味しいのだ。 そして、普段はお手頃なビールを飲んでいても、特別な日にはプレミアムなビールが飲みたくなるものである。そんなプレミアムビールの代表格といえば「ヱビスビール(以下エビスビール)」だろう。 エビスビールというくらいだから、もちろん恵比寿にちなんだ商品に違いない。恵比寿ガー ...

神戸市には「神戸ノート」というご当地ノートがあるという雑学

地域

2020/6/29

ジャポニカ学習帳が負ける…"神戸ノート"というご当地ノートとは?

神戸ノートの「自由帳」 小学生の子供たちが使う学習ノートといわれて、まず思いつくのが「ジャポニカ学習帳」だろう。しかし、一部の地域では「小学生のノート=ジャポニカ学習帳」のイメージがない。 それもそのはず。実は神戸では、独自に作ったご当地ノートがあるのだ! 今回は、そんな学習帳に関する雑学を紹介しよう。 【生活雑学】神戸市には「神戸ノート」というご当地ノートがある 孫ちゃん おばあちゃん見て~。部屋の片づけしてたら小学校のときのノートが出てきた! おばあちゃん おやまぁ懐かしいねぇ。そうそうノートといえば ...

和歌山県には、日本から独立した「イノブタ」の王国がある?という雑学

地域 暇つぶし

2020/6/29

イノブータン王国って知ってる?和歌山県の"イノブタの国"とは?

「イノブタ」。国頭村観光物産センターのwebサイトより 皆さんは「イノブタ」という生物をご存知だろうか。名前から連想される通りイノシシとブタの混血種である。日本では主に家畜として飼育されているが、一部では野生で生息しているケースもあるそうだ。 そんなあまり馴染みのない生物「イノブタ」についての、耳を疑う雑学を入手した。 なんと和歌山県に日本から独立した、イノブタの王国があるというのだ。…書いていて意味がわからない。王国ということはイノブタの王様がいるということだろうか? しかも、日本から独立しているだなん ...

佐賀県には、海苔の美味しさをチェックできる「海苔食味検査員」がいるという雑学

地域

2020/6/29

海苔のソムリエ!"海苔食味検査員"の難関試験とは?【佐賀県】

海苔はおにぎりや海苔巻きなどの和食だけでなく、パスタに細く切ってかけるなどいろいろな料理で活躍する。味付け海苔なら、そのままおやつとして食べても美味しい。 日本有数の海苔産地といえば、佐賀県だ。佐賀県は日本の海苔の養殖量ランキングにおいて、長年1位の座を守り続けている。 佐賀県の海苔は生産量が多いだけでなく、味もいい。佐賀県には、海苔の美味しさをチェックする「海苔食味検査員」がいるらしいが、どんな存在なのか。今回の雑学記事では「海苔食味検査員」について調べてみたぞ。 海苔食味検査員になるためには、厳しい試 ...

神戸市民は方角を指すときに「北=山側・南=海側」と表すという雑学

地域

2020/6/29

特殊スキル?神戸市民は方角を"北=山側・南=海側"で表す

神戸港 あなたは道案内をするときに「この道を北に行って…」など、方角を使うことはないだろうか? 実はあるところでは方角を教えずとも簡単に道案内をすることができる。 それが、兵庫県神戸市だ。神戸市民は、道案内をするときに方角を使わない。「方角を使わない道案内って、分かりにくくないの?」と思うかもしれないが、方角を使うよりも分かりやすい案内になっているのだ。 さて、神戸市民はどのように方角を表すのだろうか? 今回はこの雑学について取り上げていくぞ! 【生活雑学】神戸市民は方角を指すときに「北=山側・南=海側」 ...

全国にある「○○銀座」の第1号は「戸越銀座商店街」という雑学

地域

2020/6/29

戸越銀座商店街は"○○銀座"の第1号!食べ歩きがおすすめ【動画】

戸越銀座商店街のHP 銀座といえば東京屈指、日本一の高級繁華街として、多くの人が憧れる街だ。 そんな銀座にあやかろうと、「○○銀座」を名乗る商店街はなんと、日本各地に300以上も存在している。その数を知ると、改めて銀座という街の影響力に驚かされる。 しかし銀座を名乗る商店街のすべてが、その繁栄にあやかりたいという意味だけで名乗っているわけではない。今回は思わず感嘆させられる経緯から銀座を名乗った、○○銀座第1号の雑学を紹介しよう。 【生活雑学】戸越銀座商店街は「○○銀座」の第1号! 孫ちゃん この戸越銀座 ...

山形県では冬になると「スノーモンスター」が現れるという雑学

地域

2020/6/29

雪の怪物!?山形県では冬に"スノーモンスター"が現れる【動画あり】

山形県蔵王 スノーモンスター 冬に現れるものといえば、何があるだろう? 寒さの厳しい日は冬将軍が訪れたといった表現をするし、イベント関連だとクリスマスのサンタクロースが思い浮かぶ。 山形県では冬になると、「スノーモンスター」が現れるらしい。スノーモンスターを訳すと、「雪の怪物」だ。…怖すぎだろ、冬の山形県。 このままでは山形県民の身が心配で夜も眠れないので、スノーモンスターの正体を調査するぞ! 【生活雑学】山形県では冬になると「スノーモンスター」が現れる おばあちゃん 山形の蔵王にはね、冬になるとスノーモ ...

© 2021 雑学カンパニー