海外の法律に関する雑学一覧

カナダには小銭の使用制限があるという雑学

海外の法律

2020/8/26

迷惑なんだよォ!カナダには小銭の使用制限がある

スーパーのレジにて、待ち時間がやたら長いな…と思っていたら、前のお客が出した大量の小銭と店員さんが格闘していた…のような経験はないだろうか。 店員さんとしては面倒だが、同じお金には変わりないのだから…まあ…という気もする。しかし国が変われば法律も変わる。カナダには小銭の使用制限があって、同じことをすると犯罪者になってしまうかもしれないぞ! 【ルール雑学】カナダには小銭の使用制限がある 魔女さん カナダでは一度の支払いに使用できる硬貨や紙幣の量を法律で制限しているんだよ? ネコちゃん え?小銭の使用制限の法 ...

海外の法律

2020/8/25

シュール。アラスカ州には"ヘラジカ"に関する謎の法律がある【動画あり】

今回の雑学テーマは、ヘラジカについて。 ヘラジカと聞いて、あなたはどんなシカを想像するだろうか? たぶん、体長3メートル・体重800キロのシカを想像する人は少ない。ヘラジカは「森の王」とも呼ばれる最大級のシカである。その頭には「王」の名にふさわしい大きすぎるツノが。 アメリカアラスカ州に住む人は、あろうことかこの「ヘラジカ」と隣り合わせの生活をしている。なんとアメリカでは、ヘラジカが原因で亡くなる人が年間250人! そんなアラスカ州にはこんな法律があっても不思議に思う人は誰もいない…。 【ルール雑学】アメ ...

フランスでは「豚にナポレオンと名付けてはいけない」という法律があるという雑学

海外の法律

2020/8/26

フランスでは"豚にナポレオンと名付けてはいけない"という法律がある

皆さんは自宅でペットを飼っているだろうか。ペットといえば犬や猫が一般的だが、爬虫類のような変わった生物を飼育している人もいるだろう。 そしてペットを飼い始めるときの楽しみといえば名前をつけることだ。これから家族となるペットに長く愛着をもてる名前を考えていたらワクワクが止まらないものである。ペットの名前を聞けば飼い主のセンスがわかるところもまた面白い。 そんなペットの名前だが、フランスではつけてはいけない禁止された名前があるそうだ。禁止されるくらいなのだから、よほど常識に外れた名前なのだろうか…。 気になっ ...

海外の法律

2020/8/25

ギリシャではゲームを禁止する法律があった。罰金も超高い…

  そんな法律があったら生きていけないでしょ! 私を殺す気ですか? 確かに「ネット=悪い」とか「ゲームしてるやつにろくなやついないよね。」的な風潮はあるかも知れないが…。 いくら何でもやりすぎ! 一部の悪意がすべての責任ってのは、さすがに連帯責任とかの範囲外でしょ。 今回はそんなことしたら暴動になんぞ! やりすぎでしょうが…って雑学を紹介だ。 【ルール雑学】ギリシャでは、ゲームを禁止する法律があった 魔女さん ギリシャにはねぇ、公衆の場でのゲーム禁止に始ってゲームの持ち込みまで禁止する法律が存在 ...

昔イギリスでは、自殺未遂をして生き延びてしまった人は犯罪者だったという雑学

海外の法律

2021/1/4

自殺=重罪。イギリスでは自殺未遂をすると死刑になっていた!

現代でも諸外国の文化を辿ってみると、日本との違いに驚かされることが多々ある。時代が変われば、なおのこと現代とは違った価値観に驚かされるものだ。 そして今回耳に入ってきたのは「イギリスでは自殺未遂者が絞首刑にされていた時代がある」という雑学。未遂ということは、死のうとは思ったが助かったということだ。助かった人をわざわざもう一度殺そうというのか…。 これはなんとも奇妙な考えに思える。真相を辿ってみると、そこには中世ヨーロッパの宗教的価値観が大きく関係していた! 【ルール雑学】昔イギリスでは、自殺未遂をして生き ...

カナダでは雪男を殺してはならないという雑学

意外 海外の法律

2020/6/29

雪男はカナダにいる!?もし殺したら法律違反になります。【動画】

都市伝説として語られる生き物は世の中にたくさん存在する。日本でいえば河童やツチノコ、海外でもスレンダーマンやネッシーなどが有名だろう。 怖い存在だったり、神秘的なものだったりといろいろな設定はあるものの、いまだに解明されていない。 その中で、日本でも耳にしたことがあるであろう「雪男」について、おもしろい雑学を発見したのでご紹介したいと思う。 【面白い雑学】雪男はカナダにいる!? 信長さん カナダには、『雪男を発見しても殺してはいけない』という法律があるぞ。 秀吉くん まぁ~生き物を殺すのは良くないっすから ...

カリフォルニア州では、ホテルの部屋でオレンジの皮を剥いてはならないという雑学

暇つぶし 海外の法律

2020/6/29

カリフォルニア州の"オレンジに関する法律"が変すぎる。謎の州法!

アメリカ・カリフォルニアは、日本でも食べられているスイートオレンジやサワーオレンジの原産国である。 せっかく旅行するなら、本場のオレンジを存分に味わいたいところだ。スーパーマーケットでオレンジを買って、食後のデザートにホテルで食べよう! という発想もありがちだろう。 ところが州法で「ホテルの部屋ではオレンジの皮を剥いてはダメ!」と決まっている。いったいどういうことなのだろうか。今回は、カリフォルニアの謎の法律の雑学をご紹介しよう! 【面白い雑学】カリフォルニア州の「オレンジに関する法律」が変すぎる。 信長 ...

アメリカ・アーカンソー州では、青色の電球を販売できないという雑学

アメリカ 海外の法律

2020/8/25

謎の法律…!アメリカでは青色の電球を販売できない州がある

アーカンソー州はココ クリスマスなどのイベント事には、イルミネーションの青い光が街を彩る。なかには、家の玄関先をLEDで綺麗に装飾するという家もあるだろう。自室に青色の電球を使い、ムーディな雰囲気を演出している人もいるかもしれない。 このように青色の電球は、非日常を演出してくれる素敵アイテムである! しかし、アメリカには青色電球の販売を禁止している地域があるのだという。 どうして? 青色の電球の何がいけないというんだ? 今回はそんなアメリカのぶっ飛んだ法律の雑学をお届けしよう。 【ルール雑学】アメリカ・ア ...

海外の法律の雑学まとめ

海外の法律

2020/7/2

海外の法律の雑学まとめ16選!トリビア&豆知識を一覧にしました

郷に入っては郷に従え。国や時代が違うと「納得できない!」という謎の法律があり、びっくりだ。深く考えさせられるものから「ないわ~」と呆れるものまで。 しかし、その法律が生まれるのにはそれぞれ深い事情がある。日本以外の法律を知ることで、その国に対して理解を深めることもできるだろう! 海外旅行で罰金をくらわないためにも、知っておくと便利な雑学が満載だ。 海外の法律の雑学まとめ16選!トリビア&豆知識を一覧にしました 海外のびっくり法律をチェックだ! ギリシャの"ゲーム禁止"という法律に関するトリビア 「ゲーム禁 ...

イタリア・ベネチアでは「ハトに餌をやってはいけない」という法律があるという雑学

暇つぶし 海外の法律

2020/6/29

イタリアのサンマルコ広場でハトにエサをやると罰金!その理由は…?【動画】

イタリア・ベネチア ハトというと皆さんはどんなイメージをもつだろうか。やはり私は「平和の象徴」というイメージが強い。 なんとなく、映画とかで白いハトがバァーっと飛び立っていくシーンのハッピーエンドというイメージだ。もしくは怪盗キッドの二択である。 そんな「平和の象徴」といわれるハトが、イタリアのベネチアでは平和っぽくない話題を振りまいているのである。今回はそんな、ベネチアのハト事情についての雑学をご紹介するぞ! 【面白い雑学】イタリアのサンマルコ広場でハトにエサをやると罰金! 秀吉くん 僕、公園でハトにエ ...

© 2021 雑学カンパニー