世界のびっくり雑学一覧

海外の紙幣にはボロボロなのが多い理由に関する雑学

世界のびっくり

2020/2/14

財布を使わない?海外で使われる紙幣がボロボロな理由は?

海外からの観光客の多くは、日本に訪れた際、紙幣の綺麗さに特に驚くという。思えば、海外に行ってみるとクシャクシャになった紙幣を受け取ることが多い。 クレジットカード決済が一般的な国は多く、他国に比べて日本は紙幣の流通量も多いぐらいだ。なのにどうして、海外のほうがボロボロの紙幣が多いのだろう…。 真相を辿ってみると、文化の違いによって、お金の扱い方が大きく異なることが浮き彫りになってきた! 今回は、なぜ海外の紙幣はボロボロのものが多いのか…この雑学に迫っていく! 【世界雑学】海外の紙幣にはボロボロなのが多い理 ...

英語で喉仏のことを「アダムのリンゴ」という雑学

世界のびっくり

2020/2/14

なぜ?英語では喉仏のことを"アダムのリンゴ"という

イケメンの喉仏 皆さんは学生のころ英語は得意だっただろうか。今も学生という人もいると思うが、筆者は完全に横文字ナニソレ状態だった。 グローバル社会に必要? いやいや、日本にくる外国人が日本語を覚えたらどうだい! と、斜に構えていたものだ。 最近ではそんな考えも少しは反省して、英語の勉強をやっている。すると、とても面白い単語を見つけた。それは「Adam’s apple」だ。 直訳すると「アダムのリンゴ」になる。しかし、英語ではこれは喉仏を意味するらしい。 アダムといえば聖書に出てくる人類最初の人間だ。一体、 ...

エジプトの三大ピラミッドの1つは爆破されたことがあるという雑学

世界のびっくり

2020/5/17

三大ピラミッドの1つは爆破されたことがある。発掘調査でなぜ…?

ピラミッド。それは古代の神秘が眠っているとされるロマンあふれる建造物だ。筆者も子どものころから考古学が好きで歴史漫画などを読み漁っていた。時間と資金力さえあればインディ・ジョーンズのように世界の遺跡を探検してみたいものである。 さて、ピラミッドと呼ばれる建造物は世界中にいくつかあるが、やはり有名なのはエジプトの三大ピラミッドではないだろうか。実物を見たことがなくても、なんとなくイメージできる人も多いだろう。 そんなエジプトの三大ピラミッドの1つに腹に傷を抱えたピラミッドがあるのをご存知だろうか。遠目からだ ...

英語圏では「大根役者」のことを「ハム役者」という雑学

世界のびっくり

2020/3/2

演技がヘタな"大根役者"を英語圏では"ハム役者"という。その由来とは?

演技が下手な役者のことを「大根役者」という。「こういう言葉は海外にもあるのか?」と思い調べてみると、なんと英語圏では「大根役者」のことを「ハム役者」と呼ぶそうだ。 あの食べ物のハムが由来なのかと思いきや、実は、海外の演劇界で有名なある作品が由来となっているそうだ。 今回は、そんな「ハム役者」に関する雑学を紹介しよう。 【世界雑学】英語圏では「大根役者」のことを「ハム役者」という エイミー アンタ、ウソが下手よね。まるで『ham actor』じゃない! ロバート ハム?オレ、そんなに美味そうか? エイミー ...

パスタを曲げると3つ以上に割れてしまう「分裂の連鎖」に関する雑学

世界のびっくり 笑える

2020/5/16

パスタを折ると3つ以上に割れる理由とは?2つに折る方法はある?

パスタの乾麺を2つに折ろうとしたとき、真ん中できれいに折れずに、複数の細かい折れくずがキッチンに飛散するといった経験はないだろうか。何でもないような日常だが、実はここに面白い研究結果がある。 なんでも、パスタを半分に折ろうとすると3つ以上に折れてしまうというのだ。普通に生活しているだけで、いろいろなことに好奇心を抱いてしまうのは、物理学者の性であるが、よもやここまでとは… そんなこと疑問に思ったことすらない! という方はぜひ、自宅のキッチンでパスタの両端をもって、2つに折るつもりで力を加えてみて欲しい。3 ...

サンタクロースが赤い衣装を着ているのはコカ・コーラがきっかけという雑学

世界のびっくり

2020/2/14

広告の力…!"サンタクロース=赤い衣装"はコカ・コーラのクリスマスキャンペーンから!

チキンにケーキにプレゼント、年末の楽しいイベントといえば…そう、クリスマスだ! プレゼントを配りまわるサンタクロースの姿は世界中どこに行っても同じである。赤い衣装を着て白い髭を生やし、恰幅の良い優しそうなおじさんだ。 世界中で同じ姿をしているだなんてすごい! でもこのサンタの姿、実はある企業が世界に広めたことを知っているだろうか? そこで今回は、サンタクロースの赤い服に関する雑学を紹介しよう! 【世界雑学】サンタクロースが赤い衣装を着ているのはコカ・コーラがきっかけ ロバート あ~もうすぐクリスマスかぁ! ...

「豚に真珠」はイエス・キリストの言葉という雑学

世界のびっくり

2020/2/14

聖書で発見!"豚に真珠"の由来はイエス・キリストの言葉だった

「豚に真珠」ということわざ、皆さんは聞いたことがあるだろう。「どれだけ貴重なものでも、価値の分からない者には与えては意味がない」という意味。 たしかに豚に真珠を与えても、真珠の価値には気づかないはずだ。食べ物と間違えて飲み込んでしまうだろう。 さて、この「豚に真珠」ということわざの由来はどこから来ているのだろう。気になったので雑学として調べてみた。その由来は意外や意外、あんな人から…。 【世界雑学】「豚に真珠」の由来は聖書から!イエス・キリストの言葉だった ロバート 『豚に真珠』って、『豚は真珠を食べれな ...

ダビデ像が肩からかけているのは何?という雑学

世界のびっくり 驚き

2020/5/16

ダビデ像の秘密を徹底解剖!目がハートな理由は?なぜ包茎?【動画】

イタリア・フィレンツェのアカデミア美術館に、ルネッサンス期の彫刻家・ミケランジェロが制作した、あの有名なダビデ像がある。凛々しい顔立ちと引き締まった筋肉。なぜか裸なのに気取っているのがカッコイイ像だ。 このダビデ像、実は雑学の宝庫であることをご存知だろうか? ダビデの戦いのエピソードが像のモデルになっていたり、目がハート型になっていたり、なんか肩にかけてたり、男性の象徴的なモノがアレだったり…ダビデ像は知れば知るほどとても面白いのだ! というわけで、今回はそんなダビデ像にまつわる雑学を紹介していくぞ! 【 ...

闘牛で赤い布を振った時、牛より人間のほうが興奮しているという雑学

世界のびっくり

2020/2/14

闘牛の裏話!赤い布に牛は興奮しない。人間のテンションが上がる【動画あり】

闘牛士がひらりひらりと猛牛の突進を華麗によけるスペインの国技・闘牛。闘牛といえば牛を挑発して暴れさせるために振る赤い布だが、実は赤い色は牛を暴れさせるためのものではないことをご存じだろうか。 そんなわけで今回は闘牛の布が赤いわけ、さらに牛がなぜ興奮して突進をするのかも併せてご紹介していく。闘牛に秘められた雑学をぜひご堪能あれ! 【世界雑学】闘牛で赤い布を振った時、牛より人間のほうが興奮している ダヴィンチさん 布の色が赤いのは闘牛士本人や観客を興奮させるため、という意味合いが強いんだ。 科学者くん 牛に向 ...

「砂漠のバラ」と呼ばれる鉱物の結晶があるという雑学

世界のびっくり

2020/5/10

その名はデザートローズ。"砂漠のバラ"と呼ばれる鉱物の結晶が美しい…

「砂漠にバラが咲いている!」 こんなことを言ったら、あなたは発言者の正気を疑うかもしれない。砂漠の暑さに頭をやられてしまったと思うだろう。 しかし、これは事実なのだ。現実は小説よりも奇なり。砂漠にも、バラは咲くのだ。 …そう、バラのように咲き広がる鉱石の花なら。今回は驚きの鉱物「砂漠のバラ」についての雑学である。 【世界雑学】「砂漠のバラ」と呼ばれる鉱物の結晶がある ロバート 『砂漠のバラ』…?へぇ!砂漠にも花が咲くのか!! エイミー ちがうわよロバート。バラみたいな形に成長する鉱物の結晶があるのよ。 ひ ...

© 2020 雑学カンパニー