雑学まとめ

オリンピックのスゴい人の雑学まとめ!トリビア&豆知識を一覧にしました

オリンピックのスゴい人の雑学まとめ

オリンピックは4年に一度、アスリートたちが力を競い合う挑む世界一の大会だ。選手だけではない、観戦する人々も、オリンピックで一喜一憂して盛り上がる!

特に応援している選手や、注目のスター選手の活躍には心が躍らずにいられない。オリンピックには、感動を生み出す力があるのだ。

オリンピック選手は皆「スゴい」のだが、そのなかでも人々の心に残る「スゴい人」のトリビアは、スポーツの素晴らしさを直接ハートに語りかけてくれるだろう。

オリンピックのスゴい人の雑学まとめ

スゴいオリンピアの雑学をチェックだ!

オリンピック最高齢金メダリストに関する雑学

オリンピックの最高齢金メダリストは?に関する雑学
64歳…!五輪の最高齢金メダリストは射撃の天才だった|面白い雑学

続きを見る

世界最高齢のオリンピック金メダリストは、なんと当時64歳のおじいちゃんだ! おじいちゃんとは失礼な! と怒られそうだ。なぜなら、彼のオリンピックでの無双ぶりがすごすぎる…。

彼は64歳だが、オリンピックは何歳まで出場できるものなのか?

カール・ルイスvsベン・ジョンソンに関する雑学

カール・ルイスとベン・ジョンソンの戦いに関する雑学
人類最速の戦い!カール・ルイスvsベン・ジョンソン【動画あり】|オリンピック雑学

続きを見る

オリンピックの超花形競技である陸上100M走は、人類最速のスターを生み出してきた。さらに、スター同士のライバル対決は世界中の注目を集めるものだ。

なかでもカール・ルイスvsベン・ジョンソンのライバル対決は、人々に特別な感情を残した。世紀のレースは残念な結末を迎え、ひとりは世界一のヒール役に…。

モハメド・アリに関する雑学

モハメド・アリは金メダルを川に投げ捨てたという雑学
"モハメド・アリ"は金メダルを川に投げ捨てた。差別と闘った人生。|オリンピック雑学

続きを見る

「蝶のように舞い、蜂のように刺す」と形容された人気ボクサー・モハメド・アリをご存知だろうか。彼が強いのはボクシングだけではない。その不屈の精神とまっすぐな人格は、尊敬に値する。

モハメド・アリはオリンピックで獲得した金メダルを、なんと川に投げ捨てたことがあるのだが…どんな事情で、そんなことを! いや、どんな事情が彼にそんなことをさせたのか?

陸上4冠を獲得した選手に関する雑学

陸上4冠を獲得したのは誰?という雑学
金メダル×4の偉業!陸上4冠を獲得した2人のランナー|オリンピック雑学

続きを見る

クラスで一番足の速い子は、どの種目をやらせても一番だったなあ…。もちろん同列には語れないが、オリンピック選手にも、陸上競技で4つも金メダルを獲得した驚くべき選手が、2人存在した。

ひとりはあまりに有名な「カール・ルイス」。さて、もうひとりの選手はご存知だろうか? あまり知られていないこの選手の、苦悩もあわせて読んでいただきたい。

女性初の金メダリストに関する雑学

オリンピック第2回大会で、初の女性金メダリストが誕生したという雑学
差別がヒドい…。女性初の金メダリストが誕生したのは第2回パリ五輪|オリンピック雑学

続きを見る

古代オリンピックと近代オリンピックの大きな違いのひとつに、女性選手の参加の有無がある。しかし、古代オリンピックで禁止されていた女性の参加が認められたのは、なんと近代オリンピック第2回大会から。

オリンピック初の女性金メダリストとは、いったいどんな選手だったのだろう? 今では当たり前である女性メダリストの、第一歩にせまるトリビアだ。

スポンサーリンク

ノーベル賞を受賞したオリンピックメダリストに関する雑学

ノーベル賞を受賞したメダリストがいるという雑学
文武極めました。ノーベル賞を受賞したメダリストがいる|オリンピック雑学

続きを見る

勉強が出来るのもスゴい。スポーツができるのもスゴい。ひとつできるだけでも素晴らしいのに、世界レベルで両立した人がいた。

いくら文武両道を目指すといっても、やはりこの選手ほどのレベルは凡人には無理だろう。彼が持っているのは、「文」の最高峰ノーベル賞と「武」の最高峰オリンピックのメダルなのだ!

オリンピック史上最年少金メダリストに関する雑学

オリンピック史上最年少の金メダリストは行方不明という雑学
どこへ消えた…?五輪史上最年少の金メダリストは行方不明|オリンピック雑学

続きを見る

オリンピック最大の謎エピソードといっていいのでは? と思うほど不思議なメダリストの話をご紹介しよう。なんと、史上最年少でオリンピック金メダルを獲得した少年が、どこの誰かもわからないまま、姿を消してしまったという。

そもそもどうして、こんな珍事が起きるんだ? という疑問がわくのだが、なんとも不思議で少々ほほえましい話だ。

マリオン・ジョーンズのドーピングに関する雑学

マリオン・ジョーンズの栄光と陰。2人の元夫もドーピングをしていたという雑学
マリオン・ジョーンズの栄光と陰。2人の元夫もドーピング…|オリンピック雑学

続きを見る

オリンピックでメダルをとることに人生をかけるアスリートは多いだろう。しかし、アスリートとして大切なものと引き換えにしてはいけない。

オリンピックメダリストであるアメリカの女子陸上選手・マリオン・ジョーンズは、ある事件がきっかけでドーピングが発覚する。しかも、元夫もドーピング…なんと、元々夫まで!

長距離3冠を達成した選手に関する雑学

長距離で3冠を達成したエミール・ザトペックに関する雑学
人間機関車!五輪の長距離3冠を達成した"エミール・ザトペック"とは?|オリンピック雑学

続きを見る

オリンピックでマラソンを含む複数の長距離陸上競技に出場するなんて、無謀だ。しかも金メダルをとるなんて! ところが、そんな普通では考えられない偉業を成し遂げた選手がいたようだ!

そんな疲れ知らずの選手がいたら、誰だって熱狂的に応援するだろう。しかも彼はユニークなニックネームがつくほど、とても魅力的な選手だったようだ。

近代五輪の父・クーベルタンに関する雑学

近代オリンピックの父・クーベルタンの挫折と情熱に関する雑学
スポーツで世界平和!近代五輪の父"クーベルタン"の挫折と情熱。|オリンピック雑学

続きを見る

一度姿を消した古代オリンピックは、なぜ近代オリンピックとして復活をとげたのか? 自身の挫折経験から近代オリンピックを立ち上げた、クーベルタンの志を感じ取ることができる。

オリンピックの意義やスポーツを通した人間教育について、深く考えさせられるトリビアだ。

スポンサーリンク

ナディア・コマネチの悲劇に関する雑学

体操界の妖精「ナディア・コマネチ」の波乱万丈に関する雑学
体操界の妖精"ナディア・コマネチ"の波乱万丈の人生【動画あり】|オリンピック雑学

続きを見る

オリンピックは世界中の人々の注目を集める大会だ。能力に加え、美しいルックスが備わった選手がいれば、なおのこと注目されるだろう。それが不幸へとつながってしまうこともあるのだ。

体操のオリンピック金メダリスト・コマネチは「体操界の妖精」と呼ばれ注目を浴びたが…祖国はその栄光ごと、彼女の人権を奪った。可憐な姿しか知らなかった人には、ショッキングなトリビアだ。

"裸足のアベベ"のシューズに関する雑学

「裸足のアベベ」は最初から裸足ではなかったという雑学
"裸足のアベベ"は最初から裸足じゃない!途中で脱いだんです|オリンピック雑学

続きを見る

エチオピアのアベベといえば無名だったにもかかわらず、突如現れてオリンピックの金メダルを獲得したヒーローだ! しかも、彼は裸足でレースに参加していたことで大注目された。

「靴なんていらねえぜ」というスタイルがカッコイイ! と世界中がしびれたことだろう。ところがこのアベベ、大きな声では言えないが…実はレースの最初はシューズはいてたんだって!?

金メダリスト夫婦に関する雑学

エミール・ザトペックと妻は、どちらも金メダリストで同じ誕生日という雑学
夫婦で金メダリスト&同じ誕生日!エミール・ザトペックとダナ・ザトペコワの最強夫婦|オリンピック雑学

続きを見る

「似たもの夫婦」という言葉があるが、驚くような共通点をもつ夫婦もいたものだ。なんと、夫婦そろってオリンピック金メダリスト! しかも、同じ大会で。

試合後にはお互い「どうだった~? わたし、金メダル」「あ、俺も金メダルだったよ~」みたいな会話があったのだろうか?

さらに二人には、この他にも共通点が…! これは運命としか言いようがない。ちなみにご主人は、あのレジェンドメダリストだぞ。

"オリンピックの父"が初代IOC会長ではない理由に関する雑学

近代オリンピックの父・クーベルタンは初代IOC会長ではないという雑学
実は2代目!近代五輪の父"クーベルタン"は初代IOC会長ではない|オリンピック雑学

続きを見る

近代オリンピックの創立者として「オリンピックの父」と呼ばれるクーベルタンは、なぜか初代IOC会長ではなかった! これは不自然だ。

「いえいえ、わたしなんて」と謙遜でもしたのだろうか? …いや、これには戦略的な理由があったのだ。どうしても近代オリンピックを成功させたい、という執念や情熱を感じるトリビアである。

アベベの栄光と悲劇に関する雑学

「裸足のアベベ」の栄光と悲劇に関する雑学
"裸足のアベベ"の栄光と悲劇…。下半身不随になっても不屈の男|オリンピック雑学

続きを見る

エチオピアの英雄・「裸足のアベベ」といえば、2大会連続金メダルを獲得した、マラソン界の超人である。彼がオリンピックで世界に残した功績と驚きは、現代に語り継がれる伝説だ。

そんなアベベが活躍した、その後をご存知だろうか? なんと、事故に遭っているのだ。それでもまた感動と驚きを与えてくれるアベベは、まさに超人だった!

スポンサーリンク

オリンピアに眠るクーベルタンの心臓に関する雑学

近代五輪の父・クーベルタンの心臓はギリシャのオリンピアに埋められているという雑学
近代五輪の父"クーベルタン"の心臓はギリシャのオリンピアに埋められている|オリンピック雑学

続きを見る

現在、我々が4年に一度のオリンピックを楽しめるのは、スポーツを通した人間教育と世界平和を目指し、近代オリンピックに情熱を捧げたクーベルタンのおかげである。

死後オリンピアに埋められた彼の心臓は、もしかしたらいまだに世界平和を祈っているのかもしれない。オリンピックがなんのために開催されるのか、もう一度彼のハートを感じてほしい!

マルチな天才オリンピック選手に関する雑学

初の選手宣誓をしたビクトル・ボワンの恐ろしい才能に関する雑学
マルチすぎる…五輪初の選手宣誓をしたビクトル・ボワンの恐ろしい才能|オリンピック雑学

続きを見る

何をやらせてもすぐに他者を追い抜いてしまう、天才的な人物というのは稀にいるものだ。オリンピックといえばまさにそんな天才が集まる舞台だが、その中でもさらに「天才」扱いをされる選手がいた。

彼がオリンピックでみせた天才ぶりは、凡人には理解が追いつかない! トリビアを読み進めると、たたみかけるようにさまざまな才能を持ち合わせていたことが明らかに…。

マイケル・フェルプスに関する雑学

オリンピックで最も金メダルを獲得したのは?に関する雑学
鬼強い水泳選手とは?五輪で最も金メダルを獲得したのは誰?|オリンピック雑学

続きを見る

水泳のマイケル・フェルプス。記憶に新しい彼こそが、オリンピックメダル獲得数、断トツ第一位の選手である。その数は、1個くらい紛失しても気づけないほど多いぞ!

どれだけ強靭な精神をもっているのかと思いきや…彼が抱えていた意外な一面とは?

金メダルを死後返還されたジム・ソープに関する雑学

死んでから金メダルを返還されたジム・ソープに関する雑学
最高のアスリート"ジム・ソープ"。死んだあとに金メダルを返還された悲劇|オリンピック雑学

続きを見る

あまりにも能力が高いと、何かと理由を付けて引きずりおろされてしまう。そんな理不尽なことは、スポーツに限らずさまざまな場面で起こり得ることではないだろうか。

素晴らしい身体能力で獲得したオリンピックの金メダルをはく奪された、ジム・ソープという選手のトリビアは、現代の常識で考えれば「理不尽」なのだが…。なぜ彼は悔しい思いをしなければいけなかったのか?

湖に金メダルを投げたメダリストに関する雑学

オリンピック第16回大会で、金メダルを湖に投げてしまった男のスゴさに関する雑学
金メダル獲得→湖に投げる。謎の行動をした男"イワノフ"がスゴすぎる|オリンピック雑学

続きを見る

金メダルを獲得したイワノフ選手は、湖に金メダルを投げてしまった! 金メダルだよ!? いらないならくれよ!

これは、笑ってしまうけど「気持ちはわかるわ」というトリビアだ。そして、ハプニング後の彼の戦歴に驚く。やはり一流のアスリートというのは、凡人とはメンタリティが違うのか…。

雑学カンパニー編集部

Copyright© 雑学カンパニー , 2020 All Rights Reserved.