鳥類の雑学一覧

ツルの一声に関する雑学

鳥類

2020/6/29

迫力スゴい…。"ツルの一声"はどんな声?【動画あり】

「誰々のツルの一声で…。」というフレーズを聞いたことはあるだろう。もちろんこれは、誰かがツルの鳴き声を真似したという話ではない。 辞書の説明を見ると次のような意味がある。 多くの人の議論や意見をおさえつける、有力者・権威者の一言。(デジタル大辞泉) 衆人の千言を一声で鎮めるようなすぐれた声。(精選版日本国語大辞典) つまりこんな状況だ。「あぁでもない、こうでもない」と話し合っているが、なかなか物事が決まらない。しかしリーダー格の人が、ひとつアイデアを挙げたことをきっかけに、一気に議論が進展する。 要するに ...

鳥の卵が楕円形なのは巣からの転落を防ぐためという雑学

鳥類

2020/6/29

鳥の卵はなぜ楕円形?産みやすいからってホント?

卵かけご飯…それは至高の料理。TKGとも呼ばれるその料理は日本人の胃袋をこれ以上ないくらいに満たすものだ。かくいう筆者も大好物なのだが、今回の雑学テーマは卵かけご飯ではない。 先日、卵を割るときにふと疑問に思った。なぜ卵はこの形なのだろう…と。正確にはニワトリやウズラなどの鳥の卵である。いくらのような魚卵はきれいな丸の形だが、鳥の卵は不思議とどれも楕円のようなシルエットだ。 なにか理由があるのだろうか。たとえば楕円のほうが産みやすい形とか。うーん、気になって仕方ない。さっそく調べてみよう。 【動物雑学】鳥 ...

カラスはお葬式をする?に関する雑学

鳥類

2020/6/29

賢すぎる…!カラスは仲間が死ぬと葬式をするってホント?【動画】

住宅地でもあちこちで見られるカラスは、日本人にとって身近な鳥のひとつだ。大きく翼を広げて飛ぶ黒い姿はとってもかっこいいし、つぶらな瞳もかわいらしくて、見かけるとつい見入ってしまう。 だが一方で、ゴミを荒らすカラスは害獣として嫌われることも…。 好かれたり嫌われたり忙しいカラスだが、彼らはとても「賢い」ことでも有名だ。なんとチンパンジーほどの知能をもっているともいわれている。 今回の雑学テーマは、そんな知能の高いカラスについて。なんと彼らは仲間が死ぬと「葬式」をするというが…。 【動物雑学】カラスは仲間が死 ...

ツバメが人の家に巣を作る理由に関する雑学

鳥類

2020/6/29

人間を賢く利用!ツバメが人の家に巣を作る理由とは?

春になると姿を見かけるようになるツバメ。温かい地を求めて旅をする渡り鳥だ。日本では夏に向けて巣を作り、子育てをして秋にはまた南へ渡っていく。 ツバメはよく人の家に巣を作っているのを見かけるが、ほかの鳥で家に巣を作っているところは見たことがない。なぜツバメは人を怖がることなく家に巣を作るのだろうか。 ツバメと人との関係を調べてみると、その秘密が明らかになった! 今回はその理由についての雑学を紹介していくぞ! 【動物雑学】ツバメが人の家に巣を作る理由 ライオンくん ツバメが人の家に巣を作ってるのを見ると、なん ...

スズメやカラスが電線にとまっても感電しない理由とは?という雑学

鳥類

2020/9/29

スズメやカラスが電線にとまっても感電しない理由とは?【動画あり】

夕方、仕事を定時で終わらせて帰ろうと駅に向かうと、駅前の電柱の電線に大量の鳥がとまっていた。 大量の鳥がピーチクバーチク喚き散らしており、とてもさえずりとは呼べるものではなく、騒々しかったことを覚えている。 その光景を思い出して、ふと疑問に感じたのが「なぜあの鳥たちは電線にとまっているのに感電しないんだ…」ということ。今回は、その素朴な疑問について調べてみた! 【動物雑学】スズメやカラスが電線にとまっても感電しない理由とは? ライオンくん そういえば、どうして電線にとまるスズメやカラスは感電しないんだろう ...

フラミンゴの母乳は血の色をしているという雑学

鳥類

2020/6/29

オスも授乳できる!フラミンゴは血の色をした母乳を出す【動画あり】

「フラミンゴの母乳は血の色をしている」と聞いて私は、「へ~。まぁ、人間の母乳も元は血液からできてるし、似たようなもんかな」…などと、のんきに考えていた。 そして、「フラミンゴの乳首ってどこにあったっけ?」と考えた時点でやっと気づいた。ちょっと待って。鳥って乳首なくない!? いや、そもそも母乳って哺乳類だけのものだよね!? フラミンゴの母乳とは、いったい何なのか…。今回の雑学記事では、それについてさっそく調べてみた。フラミンゴの生態とあわせてご紹介するぞ! 【動物雑学】フラミンゴの母乳は血の色をしている ラ ...

ヒメコンドルの、全く姫でない生態に関する雑学

驚き 鳥類

2020/6/29

ヒメコンドルの生態は?主食が死体の肉って"姫"じゃない…【姫禿鷹】

ヒメコンドル ヒメコンドルという鳥をご存知だろうか。南北アメリカ大陸やフォークランド諸島などに生息し、日本名で書くと「姫禿鷹」となるヒメコンドルは「姫」というにはほど遠い生態をもっている。 真っ黒な羽に真っ赤な頭。ハゲタカよろしく頭部は見事に禿げあがり、翼を広げれば全長は170㎝ほどにもなる大型の鳥である。この段階ですでに姫とは呼べないが、実際の生態を覗いてみると、そこにはもっと恐ろしい事実が待っている…。 今回はそんな、ヒメコンドルについての驚きの雑学を紹介していくぞ! 【動物雑学】ヒメコンドルの全く「 ...

クジャクは沖縄では害鳥という雑学

鳥類

2020/6/29

美しき害鳥…!沖縄では野生化したクジャクが繁殖している【八重山列島】

皆さん、クジャクはご存知だろうか。漢字で書くと「孔雀」だ。「孔雀王」という漫画もあるが、それではなく、鳥のクジャクである。美しすぎる羽をもち、日本では普通に生活をしていたらまず見かけることのない鳥だ。図鑑や動画でしか見たことがないという人も多いだろう。 そんなクジャクだが、なんと日本国内で害鳥になっているとの情報を耳にした。害鳥は読んで字のごとく有害な鳥のことである。身近な鳥でいうとカラスやスズメがゴミや農作物を荒らして、害鳥と呼ばれるケースはあるのだが、まさかクジャクとは…。 そもそも日本でクジャクが野 ...

キツツキが木をつつくことに関する雑学

鳥類

2020/6/29

目的いろいろ!なぜキツツキは木をつつく?【動画あり】

アカゲラ 「キツツキはどうして木をつつくのか」。 木をつつくという、変わった行動をする鳥という認識はもっていても、彼らがなぜ木をつつくかを、真剣に考えたことがある人はあまりいないのではないか。 実のところ、木をつつくというキツツキの不思議な行動は、彼らの生活には必要不可欠な習性である。木をつつかずして、キツツキは自然界で生きていくことはできない。 さあ…いよいよ理由が知りたくなってきたころだろう。今回はキツツキの、その驚くべき生態の雑学に迫っていこう! 【動物雑学】キツツキが木をつつくのはなぜ? ライオン ...

コウテイペンギンの過酷な子育てに関する雑学

鳥類

2020/6/29

身を削るイクメン…!コウテイペンギンの子育ては非常に過酷【動画あり】

黒と白のコントラストで、凛とした立ち姿の「コウテイペンギン」。別名「エンペラーペンギン」とも呼ばれており、ペンギンの中で最も大きく、まさに「皇帝」にふさわしい堂々とした風格をしている。 一方、大きな体を左右にゆらしてヨチヨチ歩く姿のこっけいさや、ふわふわの毛をしたヒナのかわいらしさも、コウテイペンギンの魅力である。 このコウテイペンギン、じつは、世界一過酷な子育てをする鳥といわれているのをご存知だろうか。ブリザードが吹き荒れる極寒の南極で、ひたすら卵をあたため続けるオス…。 え!? オス? と、まずそこに ...

© 2021 雑学カンパニー