盛り上がる

楽しい雑学まとめ35選!トリビア&豆知識を一覧にしました

zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

楽しい雑学まとめ

知らなくても不自由はしない…しかし! 知っていると人生がほんの少し楽しくなる! それが雑学だ!

今回はそんな雑学のなかでも、とくに楽しい内容の雑学を集めてみたぞ!

楽しい雑学まとめ35選!トリビア&豆知識を一覧にしました

知って楽しい話して楽しい雑学をチェックだ!

ゴボウの花言葉に関する雑学

ごぼうの花言葉がひどいということに関する雑学
ネガティブすぎ…!ゴボウの花言葉がひどすぎる。

続きを見る

なにか過去に辛いことでもあったのかというほどに、ネガティブフレーズのオンパレード! そんなゴボウの花言葉と、その由来をまとめてみたぞ。

これを読めば、きっとあなたもゴボウに同情するに違いない…!

裁判の"無罪"の紙に関する雑学

日本弁護士連盟の無罪の紙に関する雑学
レンタル品だった!裁判判決の"無罪の紙"の正体とは?

続きを見る

裁判の結果が出たときに掲げる、あの「無罪」の紙の正体は? 正式名称はあるの? この記事では、いわれてみると気になるあの紙について迫ってみた!

さらに、あの紙の驚き笑える愛称もご紹介! …弁護士の偉い方々が、まさかそんな愛称を口にしているとは…。

太宰治に関する雑学

芥川賞がめちゃめちゃ欲しかった太宰治
太宰治は芥川賞が欲しすぎて超長文の手紙を書いた。その長さ4m。

続きを見る

なにかと破天荒な性格で有名な太宰治。今回の記事では、そんな太宰治のこれまたビックリなエピソードをご紹介!

芥川賞がどうしても欲しかった彼が書いた懇願の手紙…その長さ、なんと4m!? 治さん、メンヘラなんすか…?

ウミウシの名前に関する雑学

ウミウシの名前が面白すぎ!かわいいものから変な由来のものまで…

続きを見る

海の宝石とも呼ばれるほどカラフルで美しいウミウシだが、その名前はヘンテコなものがたくさん…!?

シンデレラにイチゴミルクにナマハゲに…って! いったいだれがそんな名前をつけてるの!?

走れメロスに関する雑学

太宰治と走れメロスに関する雑学
走れメロスの真実。太宰治の"クズ体験"をもとにした実話だった

続きを見る

太宰治の伝説破天荒エピソード2。今回は代表作「走れメロス」にまつわるエピソードだ。

「走れメロス」のメロス=友人から借金をしていた太宰治…ってマジで?

スポンサーリンク

ティラミスに関する雑学

ティラミスの意味と由来はかなりアダルトな世界だった!R18指定!?【動画】

続きを見る

ティラミスの由来はかなりアダルトだった!?

た、たしかにいわれてみれば、味といい色といい食感といい…ちょっとオトナな雰囲気出てますよね…!

一寸法師の原作に関する雑学

原作の一寸法師に関する雑学
一寸法師の原作のあらすじが最低。"姫と結婚するための作戦"とは?

続きを見る

正義の主人公・一寸法師は、じつはめちゃくちゃ策士で卑怯…?

片思いだった姫と結婚するために一寸法師がしでかした作戦とは!?

フケに関する雑学

薄毛でもハゲでも"フケ"は出る!フケの正体と対策は?【動画】

続きを見る

薄毛でもハゲでも"フケ"は出る! ってマジか!? …それが数少ないハゲの特権だと思っていたのに…。

そんな悲しきフケ雑学。その原因と対策に迫る…!

インドの"野良牛"に関する雑学

すんごい日常!インドにはそこらへんに"野良牛"がいる【動画あり】

続きを見る

なんとインドには、野良犬ならぬ野良牛が存在しているという!

しかも、思った以上にめっちゃ堂々と道に居座る野良牛…。そして、その牛を気にも留めないインドの人々…。

シュールすぎるインドの文化をご覧あれ!

アホウドリに関する雑学

アホウドリはアホウが原因で絶滅しそうになったということに関する雑学
逃げろよ…アホウドリは"アホ"が原因で絶滅しかけたことがある

続きを見る

アホが原因で絶滅しかけたことがある、まさにアホな"アホウドリ"。

しかし、そんなアホウドリにも愛くるしいだけでない意外な特技があるんです!

スポンサーリンク

イタリア語の"乾杯"に関する雑学

イタリアでは「乾杯!」という掛け声は「Cincin!」に関する雑学
イタリアでは"乾杯"を”Cincin(チンチン)”と言う。下ネタではない。

続きを見る

下ネタ…じゃない! イタリア語で乾杯は”Cincin(チンチン)”。大真面目な雑学である。

さらにほかにも、ちょっと恥ずかしいイタリア語が…? …念のためもう一度言っておくが、断じて下ネタではなく真面目な雑学記事である。

ニシゴリラの学名に関する雑学

ゴリラの学名は"ゴリラゴリラ"。なんでそうなった!?【動画】

続きを見る

ニシゴリラの学名は「ゴリラゴリラ」。そして、ニシローランドゴリラの学名は「ゴリラゴリラゴリラ」である。

って! どんだけゴリラなん!?

トマトの裁判に関する雑学

トマトは野菜?果物?モメた結果、裁判になったことがある

続きを見る

なんとあのトマト、野菜か果物かでもめて裁判沙汰になったことがあるという!

正直、野菜か果物かの結論より、その裁判の詳細の方が気になってしまう…。自由の国アメリカの、驚きの裁判をチェックだ!

"エリーゼのために"に関する雑学

"エリーゼのために"はテレーゼさんへの曲!なぜ曲名が変わった…?

続きを見る

"エリーゼのために"は本当は"テレーゼのために"だった!?

ではなぜ、エリーゼさんへの曲になってしまったのか…その原因はベートーベンの悪筆だというが…?

"スケベニンゲン"というリゾート地に関する雑学

エロくない街。オランダには"スケベニンゲン"というリゾート地がある【動画】

続きを見る

オランダのリゾート地"スケベニンゲン"。その名前の由来はスケベな人が多いから…ではもちろんないぞ!

スケベニンゲンは夏には海水浴、冬には寒中水泳大会まで行われている人気のリゾート地だった!

スポンサーリンク

桃太郎の続編に関する雑学

"桃太郎"の3つの続編のあらすじって知ってる?200年前にできたんだぜ…

続きを見る

鬼を退治してめでたしめでたし…かと思いきや、桃太郎にはまだ続きがあった!? しかも3つも!

続編を読んでみるとどれも内容の濃いものばかりでおもしろい。あなたはどの続編が好き?

クッパがピーチ姫をさらう理由に関する雑学

泣ける…?クッパがピーチ姫を何度もさらう理由とは?

続きを見る

ゲームを盛り上げるためといわれればそれまでだが、たしかにクッパ、ピーチ姫さらいすぎじゃない!?

そろそろ諦めてもいいんじゃないか? いや、やっぱりゲームをおもしろくするにはクッパが諦めるわけにはいかないのか…クッパも大変だな…。

と思っていたら、じつはクッパにはピーチ姫をさらう理由が存在していた! その理由を知ると…うん、やっぱり…クッパ大変だな…。

カンチョーに関する雑学

「カンチョー」は暴行罪になる可能性があるという雑学
"カンチョー"は暴行罪!?外国人にやるとガチギレされるかもしれない。

続きを見る

小さいころに誰もが一度はブームが来た(よね?)カンチョーについての驚きの雑学をご紹介!

日本人同士なら仲が深まる…かもしれないカンチョーだが、外国人のお友だちには絶対にやめておこう!

カルボナーラに関する雑学

カルボナーラはイタリア語で?に関する雑学
カルボナーラの本来の意味がダサい…。本場イタリアの味はどう違う?

続きを見る

カルボナーラ、なんてオシャレな名前! と思っていたのに、本場イタリア語だと残念なことに?

しかもイタリア人は日本のカルボナーラに怒っている? いったいどういうこと!?

スポンサーリンク

"オジサン"という名前の魚に関する雑学

オジサンという魚に関する雑学
"オジサン"という名の魚がいる。"ババア"もいる【動画あり】

続きを見る

オジサンという名前の魚。その名前の由来は立派なヒゲ!?

そしてオバサンはいないけど、ババアという魚はいる!? むしろオバサンの方が優しかった。

早口言葉の"東京特許許可局"に関する雑学

特許庁はあるけど…早口言葉の"東京特許許可局"は実在しない

続きを見る

東京特許許可局は実在していない造語だった! 忌々しい早口言葉め…。

そんないじわるな造語を言えるようになるために、この記事では早口言葉のコツもご紹介しているぞ!

タイ語で"キレイ"は"ブス"に関する雑学

タイ語で「キレイ」は「ブス」という意味という雑学
"キレイ"はタイ語で"ブス"。褒め言葉じゃないのでご注意を!

続きを見る

タイに行く予定のある方必見! タイでは絶対に「キレイだね」なんて言ってはいけない…!

その他にも、海外で使ってはいけない日本語の解説もしてあるので要チェック!

世界で一番長い名前の湖に関する雑学

世界で一番長い湖の名前は?に関する雑学
45文字…!世界で一番長い湖の名前は?【ウェブスター湖】

続きを見る

世界で一番長い名前の湖は、なんとアルファベット数45文字!? もはや早口言葉のよう。

記事の後半ではピンクやエメラルドグリーンなど、カラフルな湖についてもご紹介!

高田純次に関する雑学

高田純次はオーストラリアでは指名手配犯。その理由とは?

続きを見る

テキトー界の代表ともいえる高田純次。じつは彼、オーストラリアでは指名手配犯なんだとか…!

いったいなにをやってしまったんだ高田純次…と思ったら、その理由はなんとも彼らしくさらに好きになること間違いなし!

スポンサーリンク

名古屋の"バックしてはいけないトラック"に関する雑学

名古屋にはバックしてはいけないトラックがあるという雑学
嫁入りトラック!名古屋の派手な結婚行事を紹介するよ!【動画】

続きを見る

バックしてはいけないトラック! その名も「嫁入りトラック」!

このトラック、名古屋の結婚風習の1つだというが…いったいどんなものなのか?

チゲ鍋の"チゲ"に関する雑学

チゲ鍋の「チゲ」とは?に関する雑学
チゲ鍋の"チゲ"ってどういう意味?いろいろある"チゲ"の種類【動画】

続きを見る

チゲ鍋の"チゲ"は辛いという意味ではなかった! その本当の意味とは…鍋?

ということはチゲ鍋は鍋鍋ってこと? 今回の記事では、そんな不思議なチゲ鍋にスポットをあててみた!

黒柳徹子のコスプレに関する雑学

黒柳徹子は"徹子の部屋"でセーラームーンのコスプレをしたことがある

続きを見る

一瞬びっくりな雑学だと思ったが、よくよく考えたら黒柳徹子ならやりかねない…! そして普通に似合いそう!

それもそのはず。じつは彼女、セーラームーン以外にもいろんなコスプレをしたことがあるそうで…?

ロケット団の"ニャース"に関する雑学

「ポケモン」のロケット団のニャースが喋れるのは、好きな子に振り向いてもらうためという雑学
ニャースがしゃべれるようになった理由が辛い…マドンニャめ…【ポケモン】

続きを見る

今まで特に気にしたことはなかったが、いわれてみればニャースが言葉を喋れるのはとっても不思議だ。

この雑学を知ると、きっとニャースのことがもっと好きになれるはず! ちょっぴり切ない恋のお話をご覧あれ!

"ポケモン"の世界の成人に関する雑学

「ポケットモンスター」の世界では、10歳で成人となっているという雑学
若っっ!"ポケモン"の世界では何歳で成人になる?

続きを見る

ポケモンの世界の成人年齢は、私たちの世界とは違うらしい。

まぁ違うって言っても大して変わらんでしょ! と思って記事を読むとビックリ! サトシは子どもだと思っていたが、じつはもう大人だった!?

スポンサーリンク

マクドナルドの"カレー"と"チャーハン"に関する雑学

マクドナルドはカレーとチャーハンを販売していたという雑学
昔マクドナルドはカレーとチャーハンを販売していた…!【動画】

続きを見る

「今日はカレーの気分だからマックね!」

…などといわれたら、今となっては頭がおかしくなったとしか思えないが、このセリフがまかり通る時代があった。90年代前半、マクドナルドはたしかに"チャーハン"や"カレー"を販売していたことがあるのだ! CMだって残ってるぞ!

まあ…これは流行らんわ。

ハイヒールの起源に関する雑学

ハイヒールの由来は、ファッションよりも衛生面だったという雑学
ハイヒールの起源はウンコ対策だった…!フランスのトイレ事情がヒドい。

続きを見る

ハイヒールの起源とされる16世紀パリの事情を辿ると、いろいろとツッコミどころ満載である。…男もハイヒールを履いてたとか、ウンコ除けのためだとか。

というか日傘やマントも…パ、パリのイメージがああ…。

英語だと意味が変わる「シュークリーム」に関する雑学

「シュークリーム」は英語だと違う意味になるという雑学
シュークリームを英語で言うとヤバい意味になる。

続きを見る

シュークリームは和製外国語なので、外国人にそのまま言っても伝わらない。…伝わらないどころか、「マジかよコイツ…」っていう目で見られかねない。

ちなみに語源はフランス語! フランスでもシュークリームとは言わないけどね。

アルパカが吐く唾に関する雑学

アルパカは強烈に臭い唾を吐くという雑学
唯一の武器。アルパカはめっっっちゃ臭いツバを吐く。【動画】

続きを見る

アルパカの唾はめっちゃ臭い…。

あー…歯とか磨いてないもんね。野生動物は。とか、そういう話じゃなくて、あれは唾じゃないからめっちゃ臭かったのだ!

あんまり知りたくなかった…。でもやっぱり普段はめっちゃ可愛い。

イタリアの"かくれんぼ世界選手権"に関する雑学

イタリアで開催される"かくれんぼ世界選手権"に関する雑学
"かくれんぼ世界選手権"とは?大会ルールを紹介するぞッ!【動画】

続きを見る

イタリアで例年開催されている「かくれんぼ世界選手権」。何がって、鬼の選出がマジで本気出し過ぎである。

かくしてその実態は…これってかくれんぼなの? まあ、やってる人たちが楽しそうならいいか!

オーストラリアの鬼ごっこに関する雑学

オーストラリアの「鬼ごっこ」に関する雑学
オーストラリアの鬼ごっこがうらやましい。キャッチ&キスだと…?

続きを見る

オーストラリアの鬼ごっこでは、キスがルールになってるって…!?

そんなのわざと捕まりに行くヤツ続出なんじゃないか…? それか死ぬ気で逃げられるか…。

うーん、やっぱり日本人には刺激が強すぎます!

いま読まれている記事

  • この記事を書いた人
zatsugaku

雑学カンパニー編集部

雑学カンパニーは「日常に楽しみを」をテーマに、様々なジャンルの雑学情報を発信しています。

© 2020 雑学カンパニー